2009年04月03日

加配審査結果

2度目の加配審査結果、無事加配がつく事になりました。
ただ保育園のようにとても手厚いというほどでもなく。
ま、加配があるだけ助かる。
少しだけ気をつけてもらえるだけでもありがたい。
しゅりには荒波に揉まれてもらおう。

幼稚園入園まで後少し
今日は新しい習い事の体験入所の受付やリサーチをしてきました。
明日はスイミングの体験です。
引越し先からとても近い所にあることと送迎がある事がポイント。
プールを見学したしゅりは
『ママ!しゅりスイミングしたい!頑張る!』と猛アピール。
まず一人で水着に着替えられるかが問題だよなー。
不器用さがまだまだあるしゅり
男の子だったらパンツだけで済むけど女の子の水着ってちょっと着にくいんだよねぇ。
がんばれー。
posted by しゅりママ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼稚園 入園まで〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

幼稚園体験入園&加配審査面接

しゅり幼稚園体験入園してきました。
その日は朝から大雨で、大きいおじいちゃんに送ってもらいました。

教室に入ると人・人・人!!!!
今回の入園予定児童158人!!
少子化ってうそだーと叫んでしまいそうでした(笑)
同じ市内でも友人の行く幼稚園は70人だったとのこと。
さすがマンモス校。

受付を済ますと、親子分離
親はオリエンテーション、子供達は別の教室で幼稚園生活の体験。
1時間のオリエンテーションを受け、お迎えだったんですが
なんせこの人・人・人
なかなか人ごみから抜け出せずようやく教室に辿りついたら
親にいちいち引き渡しはせず『ばいばーい』と教室から子供達を押し出している先生2人。
どこを見渡してもしゅりが居ない。
焦る私。
先生にしゅりの居所を聞くもわからない。
「ヘルパー配置の子なんですよ!!!」と怒鳴る私
今、思えば怒鳴る必要はなかったな。うん反省
でも、怖いかぁちゃんと印象つけとくのも悪くないかもなと後から思った(笑)
しゅりはその後すぐ無事保護。
他のお母さんに抱っこされていたorz
初めての場所で母子分離、心細かっただろうに;;
怖い思いをさせてしまった。
などと思っていたら、涙を拭きながら
『しゅり、幼稚園楽しかったよ!先生がお絵かきしてくれた!』と笑顔。
あぁよかった。本当によかった。
色々トラブルはありましたが、しゅりが楽しんでくれてほっと一安心
体験入園で得るものは沢山ありました。
ただ、先生の動向は要注意だな。
なんて書くとモンペっぽーい。

さて、体験入園が終わったあとはヘルパー配置の面接。
前回受けたんですが、市が変わったのでもう一度との事。
マイッタネーキイテナイヨー。
審査通るかなー。
面接は以前と同じ事を聞かれ答え。
どうなることやら。
何とか審査通りますように。
posted by しゅりママ at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼稚園 入園まで〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

加配審査結果

待てど暮らせど加配審査の結果が来ないっっ!!
引っ越しをする県との兼ね合いもあるので急いでる旨伝え
2008年内には結果を出すようにしますとの回答を頂いたのだが
年も明け1月も中ばである。
ってなわけで数日前から、突っつきまくって
ようやく今朝結果を聞く事が出来ました。

加配審査の結果ヘルパーが付く事になり、まずは一安心。
書類自体は1月一杯まで待って下さいとの事。
そうなると、保育園いつまでいられるのかが課題になってくる。
今住んでいるA市の保育園は今度転居するB市に移ると
A市に住所がない状態になり保育園に通えなくなる。
ならば、ギリギリまで住所をA市に置いておけばいいじゃない?と思うが所がどっこい、今度はB市の幼稚園入園に間に合わない。
なんとか1ヶ月だけでも融通がきかないだろうか?と交渉中。
隣の市や他の市ではこういう状況に対して温情処置をしてくれる(必ずこの市に移りますと一筆書く)
このA市は融通の利かない市だなぁ。

今回の件で、お役所と渡り合うコツみたいなものが掴めた。
状況を変えるには色々な人を巻き込み自ら積極的に動かなければいけない。ただ黙って結果を待つだけではいけないのだ。
これからも積極的に動いていこうと思う。

とりあえず、今日状況はひとつ動いた。
今後このような子達の状況を少しでも良くしていく為
前例を作っていけるように頑張っていきたい。
posted by しゅりママ at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼稚園 入園まで〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

幼稚園決定

ようやく「よし」と思えた幼稚園&小学校に出会えた。
そこは最初アウトオブ眼中だった夫実家近くの小学校区の幼稚園
何故アウトオブ眼中だったかというと、小学校の支援級が無いと聞いていたから。
実際は支援級があり、見学の際には教頭先生がついて色々説明をして下さった。
ただ、情緒級が無いのが少し気になる。
知的障害の子のみ6名で構成された学級なので、今後情緒の子が入ってきた場合の対応が気になる所。
それに対しては『新たに学級を作るように教育委員会に申請します』とコメントを頂いた。

学級はのんびりまったり雰囲気。
先生はベテラン教員で退職までこの学級を見るという所も気に入った。
(県内だけの制度かもしれないが、退職の近い先生は異動をせず同じ学校で過ごす事が出来る)
授業は自立を視野に入れた科目もあり(生活という授業)私が見学した時はクッキー作りをしていた。その時に目についたのが、上級生の子が下級生の子の面倒をみていた事。
手を洗って拭くんだよーゴミはこっちに捨てるんだよと自然に手をさしのべていて好感触。
縦割り保育みたいな感じ。
小学校は後2年猶予があるのでこの感じが続いてくれればと思う。

校内に幼稚園があるのでそこへも見学に。
実家近くなので知り合いの子達もちらほら。
園長先生が見学についてくれ加配がついてる子も見学できた。
一クラス30名を一人の先生が担当、4クラスの120名
来年度も同じ位になりそうとの事。
園長先生が私達を案内している最中に園児が
「園長先生!!これどうぞ!」と可愛らしい便せんを渡していた。
その場で開けて見て目を細め「ラブレターです」と答えた園長先生を見て「あ、いいな」と思った。
この直感信じていいんじゃないかしら。
というワケで、しゅり幼稚園決定しました。
ここの幼稚園なら歩いて10分圏内で祖父母宅があり協力を頼みやすいし、立地も何かと便利。
後は不動産を探すぞーっと。
これまた大変そうだが、めぼしいのが2〜3件あるので楽観はしている。
とりあえずの山場ひとつは超えたなー。ほっ。
posted by しゅりママ at 16:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 幼稚園 入園まで〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

小学校見学ツアー

幼稚園入園に向け小学校を視野に入れた学校選びの為
只今小学校見学ツアー開催中。

県内では公立幼稚園は5歳から入園し1年だけ過ごした後
そのまま持ち上がりで小学校に入学するというパターンが多い。
例に漏れずしゅりもそのパターンで過ごす事に決めた。
他のパターンでは3歳〜から私立幼稚園に入園しそのまま小学校へ入学というパターンがあるがその場合お友達と校区が離れてしまい一緒に入園できない可能性が多々ある
適応能力の高い子は心配は無いと思うが引っ込み思案な子だったりだとちょっと心配
しゅりも引っ込み思案な子なので公立がいいかなと思い公立コースで行く事に。
そこで、心配なのは2007年度から開始した「特別支援教育」完全実施にどのくらい力を入れているか?

今回小学校を色々見学して見て思った事
特別支援教育に力を入れている所とそうでない所
質に天と地ほどの差があるという事。
形式上特別支援教室と名乗っているだけで担任には専門知識が無く
子供が野放し状態で単純に普通級と隔離しているだけの所もあった。

最近は最初のアプローチ(電話見学予約)でそれは大体わかるようになってきた。
極端な例だが、どういうクラス分けをしてますか?(情緒、知的、肢体など)
という質問に対して「情緒って何ですか?」と逆に質問する所はアウトだなーと
実際そこへ見学に行くとやっぱりな結果だった。

候補に上った小学校数校の内、ようやく1校は保留という結果
他にも選択肢を広げようと県内の小学校手当たり次第しらみつぶしに見学しようと決めた
リミットは12月一杯。
良い出会いがありますようにっっ。

ちなみに支援級を選ぶにあたって見学と質問のポイントをいくつか。

■視覚支援がなされているか?(教室の掲示物チェック)
■先生がピリピリしていないか?
■飛び出していく子やうろうろしている子にどんな注意の仕方をしているか
■生徒に舐められていないか
■生徒同士の関係
■先生の任期はいつまでか
■普通級の子との交流が出来るか
■情緒クラスの子が知的障害のクラスに混ざってないか
■校長先生の支援級に対する熱意

以上の点
どうしても譲歩できない所と譲歩しても良い所を今一度整理して見学してこようと思う。
posted by しゅりママ at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼稚園 入園まで〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

加配審査

去った18日に加配審査がありました。
保育園からしゅりを迎え車に乗って面接の場所へ向かっている時に
『今日から5歳だねぇーおめでとう』と言うと
『5歳じゃないし!』と反抗期特有の反対語を使ってニコニコしてました。

面接会場では会議机に2人の面接官
隣にしゅりを座らせていくつかの質問をされた。
質問は事前に書類に書いた内容でずっこけた。
何故2回聞く必要があるんだ?
排泄はできますかーとか食事の介助は必要ですかー?とか。

しゅりには何歳ですか?とか保育園の担任の先生の名前はなーに?とか聞いたり。これは発達指数でも見てるのかしら。
それに対ししゅりは
「今日から5歳!」「E先生です!」とかなんかいつもよりハキハキ。
えぇぇ・・・何か調子がいいorz
「自閉的な所があります」と言うと「診断はされてますかー?」と問われたが診断はされてない事を言うと加配は厳しい的な事を言われ
うむむむー。
「イヤな事、イヤな音があると耳をふさいでしゃがみこみます」とか言うと「この年齢の子は普通ですよーっ」て返されたんだが、普通ー?

どうものれんに腕押し状態で、こりゃ加配は厳しいかもなーという印象
まぁ、やれる事はやったんで、後は結果を待つばかり。
posted by しゅりママ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼稚園 入園まで〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

加配審査書類提出

加配審査書類をようやく揃え、今日提出してきました。

■保育者の意見書
生活態度等を担任の先生に書いてもらう

■心理士の意見書
心理判定に基づいて心理士の先生に書いてもらう

■発達医の意見書
発達医と面接し書いてもらう

■保護者の意見書
成育履歴などを書く


以上の4点を発達検査書を添えて提出。
「どんな感じですかねー?」と担当の方に聞いてみると
「大体3歳半〜4歳くらいの発達なので、加配がつく可能性はあります」と。
認知、理解、言語はボーダー、身体能力が少々低めに出たのがよかったのかな。
この状態で少しでも身体能力が上がっていたら
加配はつかない可能性が高かったかも。
ボーダー児はどっちつかずで行き場が無いとは聞いていたが
うーん。心中は複雑。
発達していて欲しいけど、中途半端な数字だと支援が必要なのに支援が出来ない・・・。お役所は数字でしか判断しないからなぁ。
支援をされず登校拒否などの2次障害を起こしてしまっては元も子もないしねぇ。

書類は提出したので、後は面接と学校選び。
今、支援級のある学校を中心に見学に回っています。
ようやく2校までに絞れました。
あと一踏ん張り、がんばろー。
posted by しゅりママ at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼稚園 入園まで〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

発達検査

加配の書類のうちの一つ、発達検査の結果が出ました。
結果はDQ68、約1年半の遅れだそうです。

加配がつくかどうかは微妙なライン
どうなるかなー。
つかないならつかないなりに頑張らねばー。


posted by しゅりママ at 15:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 幼稚園 入園まで〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

幼稚園入園に向けて

先週から幼稚園入園に向けて教育委員会と話合い中。

本土は3歳から幼稚園というのが大体だと思うのですが
沖縄県は小学校に上がる前1年だけ幼稚園に入るという子が多く
例に漏れずしゅりも来年から幼稚園児になるんだが
いかんせん、身辺自立等心許ない。
というワケでダメ元で加配をつけてもらえるか交渉中

・・・と普通なら書類上の事をするだけでコトは簡単なのですが
来年我が家は隣の市にお引っ越し。
さぁ、どこの市で加配審査をやりましょうかー?!と教育委員会もめるもめる。

どっちでもいいんで、さっさとしてくれ
移ろうと思っている幼稚園は人気が高く預かり保育などは抽選
早めに決めてくれないと、抽選すらできない状況なのだ。

しゅりが入ろうと思っている幼稚園は公立小学校併設の幼稚園。
そこの小学校は特別支援学級があり養護学校とも連携がある。
治安もそこそこ良くて立地もOK
引っ越そうと思った理由はそれだけではなく
今いる市は予算が少なく加配がほとんどつかないという現状を聞いたから。隣の市なら予算がある為、加配が付く確立がかなり上がると聞いて思い切って引っ越し。
夫の職場も近くなりメリットはでかい。
家を建てようかという話もあったが、いつでも転校が出来る様にフットワークは軽くありたい
って事でしばらくは借家暮らし。
さてこれから幼稚園入園に向けて本格始動だ。
がんばるぞー
posted by しゅりママ at 17:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 幼稚園 入園まで〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。