2007年05月15日

就学猶予について

今月にしゅりの生まれた病院での3歳児検診未熟児フォロー外来
来月に知的障害児就学相談会があるので
『就学猶予』に関して私の現在の意見を綴ってみようと思う。

就学猶予とは
就学猶予(しゅうがくゆうよ)とは、保護者(親権を行う者・未成年後見人)が負っている子女(こども)を学校に就学させる義務(就学義務)を猶予することである。(学校教育法第22条・第23条・第39条などを参照。)就学猶予とは、就学させる義務が猶予されること
(中略)
近年、超低体重児(超未熟児、超早産児)の救命率の増加により、本来なら数ヵ月ほど誕生が遅いはずだった児童が、十分に学校教育を受けられる状態まで発達しないまま入学時期を迎えるケースが増えている。こういった児童に対して就学猶予手続きを望む声が上がっているが、現場の理解不足や、親の情報不足などにより、あまり一般的にはなっていない。
(ウィキペディアより引用)


■就学猶予をする場合の行動
・遅らせている1年の受け入れ施設および機関を調査
・教育委員会等への提出資料を集める

■就学猶予をしない場合の行動
・今後住む地域の小学校の見学(特学、通級、情緒等の有無)
・県内養護学校等の現状調査
・一緒に小学校へあがる子達の親との交流


■就学猶予メリット
・体格が小さい為の運動能力が追いつけば体育等への授業がスムーズに行える
・未熟に生まれた為の知的遅れが追いつけば学業がスムーズに。

■就学猶予デメリット
・同級生のお友達と一緒に学校へ行けない
・遅らせている1年をどこで過ごすか?受け入れてくれる施設・機関があるのか?


さらに就学猶予をするとなると
知的障害によっての遅れなのか、未熟で生まれた為の遅れなのか
慎重に判断して決めていかないといけない。
もし知的障害であれば、就学猶予をした所で1年で追いつけるハズはなくコトはややこしくなる、それならば特学等へ通わせ社会性を身につける事が良いように私は思える。
もし未熟で生まれたための遅れで時間が経てばキャッチアップするというのであれば、1年遅らせ学業も追いつけるほうが良い。
が、その判断をするのはとても難しい。
簡単には出せない答えだ。
しかし、待っている間にも貴重な時間が失われていき
あの時ああしてれば!という事態にもなりかねない。
早め早めの対策をし、より選択肢を増やすことが今の私の課題である。


今回参考にした記事

http://zenmz.exblog.jp/5430110

http://d.hatena.ne.jp/meguhappy/20070320/1174494867

http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/04/post_8bc7.html

posted by しゅりママ at 01:37| Comment(7) | TrackBack(0) | 就学猶予 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しゅりママさんの熱心さには頭が下がります。しゅりちゃん6歳までには十分に追いつくと思いますが、ママのほうの心の選択肢を広げることって子育て全般に必要かもしれないですね。昨日の出来事を書かせて下さい。昨日息子が風邪を引いて38度熱があると保育園から電話をもらい、地元の小児医療センターに行きました。そこでの光景。1月ほど前にお見かけした双子の赤ちゃん。(一卵性だそうで一人は酸素のチューブつきでした)そのとき片方の子を抱いていた品の良いおばあちゃんが回りに「5ヶ月なんです」と言っていました。昨日、待合ですぐ後ろで声がするんで見るとあるおばあちゃんが「小さいねえ。何ヶ月?」と聞いてました。そうしたらその双子のおばあちゃんが「去年の11月まで入院してたんです。27週で700gくらいで生まれてもう1歳になってるんですが......まだ5キロです。」と言ってましたなんか切なかったですね。「5ヶ月」と言わなければならないくらいきっと無責任に「小さい」と好奇の目や声に苦しんでこられたんだろうな.....。赤ちゃんは酸素の付いていない方のお子さんでしたがたえず「ゼコゼコ」と喉がなっていて本当に苦しそうでとにかく切ない気持ちになりました。息子が「ママ−、ジュース欲しい」というのを見ておばあちゃんが「おいくつですか?」とたずねられたんで「2歳8ヶ月です」と言ったら「元気で賢そうなお子さんでよかったですね」と言われ本当に涙がこぼれそうになりました。しゅりママさんたちがやっておられるようなサークルがあれば、と心から思いました。就学猶予にせよハンディのあるお子さんのケアにしを周りの理解と真摯な励ましが必須と心に染みた一日でした。
Posted by けい at 2007年05月15日 07:04
ホントいつも参考にさせていただいてます☆私も保育園効果でしゅり姉ちゃん入学には間に合うのではないかと思いますが、医療機関や親の判断難しいですね…
テンものびのびになっていた2才検診を月末に控えてて、心理テストをするのでドキドキです(^^;)
一日中ミニカーを片手にピーポーピーポー♪と一人遊びも楽しげですが「抱っこ〜♪」と甘えん坊なので私も腰にシップとお友達です;。;
それから先週5/10のレキオ表紙にいつもお世話になっている託児所「ママプラン21」の玉城さんのバックにテンと写ってます☆見てみてね〜
Posted by a-ko at 2007年05月15日 12:10
ぉお!!(゚ロ゚屮)屮
レキオ引っ張り出してa-koさんとテンくん[壁]スッ≡( ̄ー『+』ゝ発見!!
この記事を読んで素晴らしい人だなぁと思いました。
バックの人まで細かく見てなかったよ(-"-;A ...アセアセ
テンくんも大きくなったねーー。会いたいわー


けいさんのコメン読んで涙が出てきちゃったよ。
私もいちいち説明するのも好奇な目を向けられるのも嫌だったので
ずーっと三ヶ月ですって答えてた。
どうせ道すがりやもう会うこともないであろう人々だ。
テキトーな事言ってました。
だからちゃんとわかってくれる『ちび〜ず』はとても心が安まる
場所だったのだ。今でも育児相談は『ちび〜ず』の先輩にしかしませんが・・・
いつもお世話になりありがとうございます。




っとコメントなのか私信なのか分からない事になってしまいました。(-"-;A ...アセアセ

Posted by たえ at 2007年05月16日 06:22
mixiでご挨拶させていただいたきよぽんです。
就学猶予、退院時に担当Nsさんからも「まぁ就学猶予もあるし・・」と
言われたこともあり、まだ先の話ではありますが私も考えています。
本当に難しい問題ですね。
私の住む地域では「福祉に力を入れている行政は就学猶予を断りがち」という傾向があるようです。

あ、ちなみに以前お話した手帳の話、娘の症状では対象外で申請には至りませんでした。
保育園には入園できないのに、ちょっと困ります(>_<)
人数の少ない症状だと仕方ないってことだなぁと理解しています。
Posted by きよぽん at 2007年05月16日 22:42
>けいさん
病院でのお話。
私も経験済みです。
おそらく大概の未熟児ママは経験してるかもしれませんね。
想像力を働かせてみてはどうだろうと思う事も多々あり。
こういう人はどこにでも居ます。
なので打たれ強くなるしかないんですよね…。
いちいち凹んでいたら身が持たないなぁ・というのが正直な所。
だからこそ吐き出す場所も必要ですよね。
その為のサークル運営ですから
細々とこれからも頑張ろう・・とけいさんのコメントを見て思いました^^

> a-koさん
テン君心理検査なのですね〜^^
兄弟が多ければ多いホド予後はとても良いと聞いてます♪
生まれた時から保育園にいる感じ。
そしてそしてレキオ!
ちび〜ずのドンは確認したそうですよ!!
あぁ…悲しいかなうちはタイムス系w
たえにでも読ませてもらいま〜す!

>たえ
ちび〜ずの活動をお手伝いしてくれて助かってるよ〜><
たえと出会えてよかった♪
一緒に飲みにいってくれたり愚痴聞いてくれたり。
私はホント恵まれているなぁ…と感じてるよ。
これからもよろしくねー^^

>きよぽんさん
あ!きよぽんさん!こんにちはー!
コメントありがとうございます^^
就学猶予の話★
地域によって就学猶予が容易な所とそうでない所がある様ですね。
未熟児ちゃんにとっての就学はまだまだ問題山積みなんだなぁと。
後は与えられた環境でどう動くか?ですね。

手帳の話★
申請できなかったのですね><
娘は頼み込んで2才1ヶ月でようやく取得できました(それまで市の検診では発達順調で2才で2語文が出ないという名目で取得しました)主治医は極力発行はしたくないと言ってました。
保育園の件もありますし手帳申請できると良いですねー;;
うちは今年手帳返還するという話なのでまた主治医と一悶着ありそうです。
Posted by しゅりママ at 2007年05月18日 15:13
はじめまして
自分もいま、この件に関して真剣に向かっていこうとしています。
今の現状だと、支援学級をすすめられたり、理解が少ないことが多いようですね。
支援学校でも学級でも違う・・そして通常でも違う・・・未熟児で早産のため早生まれになってしまい、考えなければいけない状況です。
Posted by とくめい at 2010年08月14日 09:35
>とくめいさん
どんな答えであれ、親が真剣に出した答えなら
それは間違いじゃないと私は思います。

とくめいさんのお子様が楽しく学校に通えますようにっ!
地域によって色々対応は変わってくると思うので
教育委員会なども利用して情報収集頑張ってください!
応援しています!

Posted by しゅりママ at 2010年10月20日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41827363
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。