2004年12月19日

そりゃ凹む日もあるさー★

先週の話。
旦那方の親戚とたまたま出掛け先で会いました。
1歳と5歳の二人の女の子連れの親子。
しゅりが670gで産まれた超未熟児だという事は知っていたらしいのですが、
ここで初めての出会い、チョット戸惑ってるなーって感じを受けました。
まぁ。そらそーだなぁと。
実は連れていた1歳の女の子は本来のしゅりが産まれるハズだった予定日に産まれた子なんですねー。
複雑だったんでしょう。気を使わせてしまったなぁ。と。
・・・そんな風に卑屈になる自分が嫌で嫌でしかたなかった。

挨拶もそこそこ・・・帰り際に5歳の女の子がしゅりを指して
「変な顔〜〜」
と・・・。
善も悪もまだわからぬ子供の言葉・・グサッときました。

しゅりの顔は未熟児特有の「未熟児顔貌」といって
頭蓋が幅径で圧排し、前後に長い特徴的な顔貌。
保育器内で頭部の重みで頭蓋が変形したためで、成長とともに徐々に矯正されるんですが
わかっていても・・やっぱりショックでした。
未熟児ゆえにこんな風に言われなきゃいけないんだ・・
どうして普通に生んであげられなかったんだろう・・・・
しばらくは思っていなかった感情がドバーーーっと出てくるのを感じました。

翌日、本屋に用があってしゅりを連れて絵本のコーナーを見ていたら
そこにたむろしていた子供達に「わー顔細い〜」とヒソヒソ言われてしまいました。

・・・外出恐怖症になりそうです。
くやしいです。とても。この子の個性だっ!!って今まではずっとニコニコやり過ごしていたんです。
でも、それは大人達に対してだけの虚勢だったのかもしれません。
純真無垢な子供達の声には私の強がりも無力。
もっと・・・もっと強くならなきゃなぁ・・。って。思う。

---------------------
実はこの日の日記、本当は書くのやめようって思ってたんです。
でも、今の気持ちを正直にこの日記に書き綴る事で、過去を振り返って
「あ〜こういう事を思って乗り越えて今があるんだなー」
と思える、そんな未来を夢見て希望を託し書く事にしました。
posted by しゅりママ at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 未熟児関連の病気について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、こんばんわ、ぴかりんの母です。うちの子は正期産で生まれたのですが胎盤早期剥離で生まれたため脳性まひという後遺症を残してしまいました。しゅりちゃんママさんの「どうして普通に生んであげられなかったんだろう・・・」って気持ち、すごいわかります。うちのぴかりんは現在1歳4ヶ月ですがいまだに一人でお座りできないしお買い物に連れて行ったら小さい子に「あの子、太りすぎ〜」って言われて凹んだりして。公園デビューなんて怖くてできてません、だいたい出かけ先でも「いくつなの?」「1歳4ヶ月です」「じゃあ歩き回って大変ねぇ〜」「・・・」いつも返答に困ります。かといって「いや〜、この子脳性まひなんですよ」なんていったらきっと相手もお返事に困るだろうし・・・私たちには未来があるし、しゅりちゃんもうちのぴかりんも未来には可能性をいっぱい持っています。つらいこともあり〜の、笑いもあり〜の、人生楽しみましょうね♪
Posted by ぴかりんの母 at 2005年03月14日 17:00
はじめまして!ぴかりんの母さん★あたたかいコメント嬉しかったです!元気が出てきました(^^)他の子と比べて落ち込むより、昨日の我が子と比べて喜べるように・・・★共感してもらえてとても嬉しかったです。また笑顔で子育て頑張れます!ありがとうございました!!
Posted by しゅりママ at 2005年03月14日 17:00
こんばんは。ヒロタンママといいます。10月に
880グラムの男の子を出産したばかりです。
まだまだ新米のママです。なんで普通に産んであげられなかったんだろう。。。その言葉、今の私が毎日のように思っている気持ちです。普通に産んであげれたらまだお腹の中。。。普通に産んであげれたら口からおっぱい飲めたのに。。。きりのない自問自答。。。小さい子供は時にあまりにもストレートに物を言うから怖いですよね。私もこれからそういう経験をたくさんするのかなと思いました。私もこれから強い母親にならなければ。宜しくお願いします。
Posted by ヒロタンママ at 2005年11月08日 09:58
わ!懐かしい日記にコメントが!
これって約1年前に書いた日記なんですよ(^_^)
1年前はこんなに悩んでたんだなーと。
日記最語尾に書いてある
「あ〜こういう事を思って乗り越えて今があるんだなー」
↑今まさにこの通りの気持ち!
ヒロタンママさんもきっときっと
そう思える日が来る事、願っています。
私もこの時期沢山のホームページ巡りをしていました。そこで沢山のコメントをもらって励まされました。
ヒロタンママさんもため込まずこちらででも(他ページでも)発散して笑顔で赤ちゃんに向き合える気持ちになれるといいなぁーなんて思ってます。

こちらこそよろしくお願いします(*^_^*)
Posted by しゅりママ at 2005年11月08日 14:35
はじめまして、失礼します。
私が、ときどき思い出してしまうのが、数年前引っ越しする前に通ってた、人気のある小児科で。。
女医さんが、治療はいいのですが・・・、未熟児と知っているはずなのに、顔を見て、「うわっっ!!」・・・そして、「長いね。未熟児?ふん。」と・・・。
それも3回も。
客観的にみて、かわいいと思うのに(爆笑)。
なんか、傷つきました。医療機関でもそうだと、なんかとってもショックでした。
埃よけ等にもなるのでいいのですが、ベビーカーでも抱っこひもでも、顔は隠して歩いていた自分がいました。
Posted by 匿名希望 at 2010年09月02日 17:49
>匿名希望さん
はじめまして!
まさか6年前の日記にコメントがつくなんて思っていなかったので長らく放置してしまいすいません

そして、今あのときの気持ちを思い出せてくれてありがとうございます。

子育てに必死だったあの頃
自分を責めてばかりいたあの頃

最後に綴った
「あ〜こういう事を思って乗り越えて今があるんだなー」
と思える、そんな未来を夢見て希望を託し書く事にしました。」

まったくその通りになりました。
自分の今の悩みだってきっと後数年もすれば笑い話にだって出来るかもしれない。
自分の日記に励まされました。

私にとっては可愛いわが子!
誰がどう思ってるかなんて関係ない!
と今は心からそう思っていますよ^^

匿名希望さんにも嫌な思いをした経験を笑い飛ばせる未来が来ますように。
Posted by しゅりママ at 2010年10月20日 22:36
先月、30週で1481グラムの赤ちゃんを産みました。
就寝中、突然の破水。保育器で呼吸器をつけて抑制されてる我が子を見て、2〜3日涙が止まりませんでした。
やっと涙も少なくなって「少し強くなれたかな」と思ってましたが、我が子の細長い顔が気になり、ネットで調べたところ、ここにたどり着きました。
読んで涙がでました。こんな思いをする日がくるのか、と・・・。
きっとこれから私と我が子が乗り越えていかなきゃいけないいくつもの体験をしゅりママさんはされてきたんだと思います。
どんな母でも、我が子には私しかいないし、私には我が子しかいません。
がんばります。時々泣きながらでもいいから、我が子と夫、三人で着実に歩んでいこうと思います。
しゅりママさんの日記にも勇気づけられることがあるとあると思います。
ご自分の体験をこうしてつづって残してくれていること、私にはすごく励みになります。
Posted by みずき at 2011年03月22日 08:13
>みずきさん
コメントありがとうございます!
この日記は今から約7年前の日記なんですよね。
この頃はしゅりを産んで顔の事、発達の事
周囲の何気ない一言に傷つき、
毎日毎日自分を責めていました。
もういっそこの子を殺して、私も死んでしまおうか?と何度も。
でも、日に日に、成長している姿に感動している自分がいるんですよ。
不思議ですね。
明けない夜はないです。
大丈夫。
きっと笑える日がきます。

7歳になった今も悩みはつきないですが、
母の日に「お母さん産んでくれてありがとう」
と娘に言われた時に、一気に報われました。
これからもこの子と共に笑いながら人生を歩んで行こうと思います。
お互い育児頑張りましょう!
Posted by しゅりママ at 2011年04月11日 20:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2411306
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。