2010年01月13日

支援級を選んだわけ

しゅりの就学について義父母はまだ納得いかないようだ。
「知的に問題が無いのに何故支援級に行くのか?」
まぁ、言われると思いましたが。

しゅりが支援級を希望した一番の理由は
知的レベルや運動能力が健常児と劣っているということではなく

「コミュニケーション能力の低さ」

お友達は基本優しい子達ばかりですが、
『しゅーりー変!』と悲しい気分になる言葉を投げかけて来る子もいる。
「変」というのはしゅりのエコラリア、オウム返しを聞いてからだと思われる。
お友達が言う言葉を繰り返して言ったり、セリフ口調になったり。
最近は自閉傾向も薄れてきてはいるけど、たまに会話が成り立たなかったりもする。
これはもう訓練するしかない。
こういう場面ではこういう表情をする、こういう返し方をするという癖づけが必要だろう。

これから社会に出るにあたって
2次障害が出るような環境におきたくないといったのが支援級を選んだ理由。
勉強の遅れ、運動の遅れ、コミュニケーション能力の低さ
どれかひとつ欠けていても
人というのは劣っている者に対して厳しい
そこへ稚拙さと集団心理が加わった時の怖さを考えると
支援級が望ましいと私は判断した。
高学年に上がれば上がるほどイジメは多様化しわかりにくくなるだろう。

荒波にもまれるのもいいかもしれない
でもしなくてもいい苦労をさせるのは避けたい。
この子にあった適切な支援を受けさせるのは過保護なのだろうか?

結果はきっと社会に出てから
後悔しないよう私はアンテナを張り続けよう。

きっと義父母は支援級ということで
ご近所に恥ずかしいとか、そういう世間体を気にしていると思う(田舎なので特に)
「世間体」で普通級を選んで2次障害なんて事になったら誰が責任を持つ?
この子の将来に責任が無いやつらは黙とれ!ぐらい強気でいこうと思う。

「良い所を良い環境で伸ばして社会へ出す」
親の役目をまっとうしよう。
posted by しゅりママ at 22:06| Comment(6) | TrackBack(0) | しゅりの就学について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
支援学校ではなくて、学級ですよね。
わがやは、教育委員会からは、支援学校をすすめられてます
理解力精神面4歳まだ、歩行訓練中
でも、だれにでも、あいそよく笑顔のわが子にあえて支援学級をえらびました
いじわるも、無視もあるかもしれない
でも、みんながかわいがってくれるわけではないことも学んでほしいと、そんな苦渋の決断です
まだこれから、教育委員会と校長との話し合いがあります
いけるとこまで、がんばります
Posted by chisamama at 2010年01月13日 22:58
あけましておめでとうございます!

タイトルにビックリ。しゅりちゃんは大丈夫だと思ってるんだが。。。

ちなみに、うちは来年ですが、私も支援級を考えてます。そうそう、2次障害のこと考えて。こちら都会だからか支援級に理解があるほうみたいで、支援に籍を置きながら普通級と行き来するなども、やってる人もいるようですが、いずれにせよ、教育委員会とじっくり相談しつつ、親がどんどん動いて行かないと基本的に学校から動くことはない。と療育みてもらってる先生とかに言われてます。とほほ。

これから、戦いだなぁ、、と私も覚悟しつつ・・・・・

お互い、がんばりましょうー
Posted by miyu at 2010年01月14日 10:42
>chisamamaさん
お久しぶりです♪
マイミクさんからコメント貰うのは珍しいので嬉しいです^^
chisamamaさんのお子様は
「特別支援学校」か「特別支援学級」かを悩まれて「特別支援学級」を選ばれたのですね。

どの子の親も真剣に悩んで出した結果なら
それが最良だと私は思います。

ただ、ここからは私の意見です。
お気を悪くされたらすいません。

chisamamaさんのお子さんはいわゆる「知的障がい」「四肢不自由」といった障がいが目に見えてわかるという事ですよね。
我が家の娘は身体、知的にもいわゆるボーダー児といわれる子で、見た目にはまったく普通の子と変わりがありません。
そこがネックなんです。
微妙に足並みを揃えられない子
クラスに一人はいませんでしたか?
私が小学校の頃
多分今で言う知的にはボーダーの子がクラスにいました。
その子は親の希望で普通級にいた子で
授業についていけず、ただただボーっと黒板を眺めていた姿が今でも印象に残っています。

知人にアスペルガーの子が数人います。
人の気持ちがわからなくて辛い思いをした子
イジメで何度も自殺を図った子

「普通」を求められる辛さを語ってくれました。

私は、娘に立ちふさがる壁をすべて取り除くつもりはありません。ただ、娘が笑って過ごせる環境を整えてあげたいだけ。

「誰しもが親切ではない事」
これは別のアプローチで教える事が出来るのではないでしょうか?
地域交流や普通級との交流などで私は学ばせるつもりです。

ともあれ、これは我が家のパターン
色々な意見があって良いと思います。

どの子の親も共通して思っている事
楽しく学校に通う事!

教育委員会、校長先生との話し合い
大変だと思いますが頑張って下さい!
応援しています!
Posted by しゅりママ at 2010年01月14日 11:41
>miyuさん
あけましておめでとうございます!
年賀状ありがとうございました〜!
娘ちゃんズの写真可愛いかったです♪

上のお子さん来年就学ですね。
支援級に理解があるというのはホントうらやましいです。
「親の方からどんどん動かないと状況は変わらない」
まったくその通りだと思います。
2〜3年前ぐらいから情報を集めはじめて
まさに今実感している所なので^^

お互い頑張りましょう!
Posted by しゅりママ at 2010年01月14日 11:48
うちのちびも4月から一年生! はやいもんだ〜。
少し歩行障害もあるし発達の遅れやコミュニケーション不足もあっていろいろ考えたけど、いろんな先生とも相談したけど、普通学級にしました。
微妙に普通に足りないのよね〜。
しばらく様子見です、うちも。
Posted by とど猫 at 2010年01月17日 17:34
>とど猫さん
書き込みありがとうございます!
お子さんは普通級を選ばれたのですね
前レスとかぶりますが
『どの子の親も真剣に悩んで出した結果なら それが最良』だと私は思います。

ホント子供の成長は早いですね^^
親も成長していかないとあっという間に追い越されてしまいそうで怖いです(笑)
ともあれ
うちの子もとど猫さんのお子様も楽しく学校に通えますようにっっ☆

あ、就学に関していろいろ考えさせられた書籍があるのでご紹介しておきますね!
すでにお読みになられていたらすいません^^;
http://hakoirimusume.seesaa.net/article/103997351.html
Posted by しゅりママ at 2010年01月19日 23:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138218972
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。